保健所で検査後新宿クリニックでベセルナクリーム

近年では、若い世代の人たちや、中高年といった一般の人たちの、感染率が高くなっている病気があります。それが、性感染症(STD)と呼ばれる病気になります。性感染症(STD)には、いくつかの種類があります。
淋病や梅毒、クラミジア感染症、ヘルペス感染症、エイズなどが知られていますが、性感染症(STD)の病気のひとつに、尖圭コンジローマという、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症する病気があります。これは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が、粘膜や皮膚の細胞内で増殖する良性のもので、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していても、発症しない人もいるようです。
このウイルス(HPV)に感染しているかどうかを、保健所や新宿クリニックなどの医療機関にて、検査を受けることができます。新宿クリニックには、保健所で検査を受けた結果をうけて訪れる人もいるようです。女性の場合には、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していると、子宮頸がんになる可能性もあるため、検査や予防のためのワクチンを接種することも重要になります。
尖圭コンジローマの薬物療法には、ベセルナクリームが効果的とされています。ベセルナクリームを、患部に塗布するのですが、用法は医師の指示に従って2週間ごとに受診し、治療の経過を観察してもらうことが必要になります。
このベセルナクリームは、海外では皮膚がんや日光角化症などの疾患にも、使用されている薬のようです。使用すると再発する可能性が低いといわれているので、治療を早く始めることが大切になります。保健所や、新宿クリニックなどに相談をして、ヒトパピローマウイルス(HPV)の検査を受けられてはいかがでしょう。